新高円寺駅前クリニックは巻き爪治療に力を入れています。

爪が指の縁に食い込んで痛みを起こす陥入爪(巻き爪)は、歩行時の痛みが強く日常生活にも著しい支障をきたします。


【陥入爪とは】

足の親指の爪をうっかり深く切ると爪の角が肉に刺さって痛みます。さらに進行すると肉芽と呼ばれる真っ赤な肉が盛り上がってきます。爪の角を切ると一時的に痛みから逃れられますが、新しく出てくる爪は再び食い込んできます。これを巻き爪といいます。


【陥入爪の治療】

巻き爪の治療は、いままでは手術しかありませんでした。局所麻酔をして、爪の食い込んでいる部分を含めて切り取る方法でした。麻酔を含めてかなり痛い手術で、受けられた方は「2度と受けたくない」と思う方がほとんどでした。しかも再び爪が伸びてくるときにはまた巻き爪になるので根治術とは程遠い治療でした。


【あたらしい巻き爪の治療】

そこで形状記憶合金(超弾性ワイヤー)による爪矯正治療が行われるようになってきました。常に伸びようとするワイヤーの力を利用して、巻き込まないように爪を矯正する方法です。これなら、麻酔も苦痛も最小限で、巻き込まないような爪の癖をつけることができ、再発予防にも有効な治療です。


当院では既に相当数の矯正術をおこない、良好な治療効果をあげています。実際には爪の性質、伸び方は様々でワイヤーのつけ方もそれに応じて工夫をする必要があります。具体的な治療方法についてはご相談ください。