予防接種

予防接種について

  • 予防接種について、何から受けたらよいのか、何か副反応が出たらどうしようかななどといろいろ不安をもたれている保護者の方も多いと思われます。 
  •  予防接種は、伝染病が脅威であった時代には集団接種によって大多数に免疫を与え、それにより伝染病の流行を阻止しようとする集団接種の意義が大きかったのですが、最近では被接種者個人のニーズにしたがって各個人にもメリットがあり、また社会にも役立つ個別接種に変わりつつあります。
  •  かかりつけの主治医が、その子の体調や都合に合わせて個々に予防接種を行うほうがより安心なことは言うまでもありません。 
  • また、予防接種法の改正に伴って今まで熱性けいれんがあると、1年以内は予防接種ができませんでしたが主治医の判断と両親の納得のもとに最終けいれん発作後、1~2ヶ月を過ぎれば接種可能になっています。
  • 接種当日の入浴も通常は可能です。当日は必ず母子手帳と、予診票(公費の場合)をご持参ください。

 

 

予防接種の種類について

予防接種スケジュール

 

『2歳までに15回以上、小学校就学前までにおよそ30回の接種』

 

  • このスケジュールを組むことは、近年、行政事情もあり複雑になり、またお子様の風邪などのため当初の予定通りにいくことはまれです。
  • 新高円寺駅前クリニックでは、独自の考察のもと、日々苦労されている親御様のために、とくに大変な0-7歳児までのワクチンのスケジュールを間単に把握できる「予防接種スケジュール」を作成しました。活用していただければ幸いです。

 

 

 

画像をクリックするとダウンロードページに移動します>>>

 

 

生ワクチン

MR(麻疹・風疹)、ムンプス、水痘、ロタワクチン

BCG

BCGは当院では実施不可です。
杉並区在住の方は杉並区のサイトをご参照ください。)

接種後27日以内は、
他の予防接種は原則的に不可
不活化ワクチン

4種混合、DT、日本脳炎、インフルエンザ、

B型肝炎、ヒブ、肺炎球菌

接種後6日以内は、
他の予防接種は原則的に不可

ワクチンについて関連サイト