星状神経節ブロック

対象となる症状は

頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性神経根症、帯状疱疹などによる上肢の疼痛

片頭痛、群発頭痛などによる頭頚部の疼痛

上肢の血行障害による冷感・しびれ 

など


星状神経節は上半身の血行を司る交感神経が集中したものです。患者さんに寝てもらい、喉の下に非常に細い針で(ほとんど痛みはありません)局所麻酔薬を注射します。

 

コンパートメントブロックとして、星状神経節および頸部交感神経幹、交感神経の節前・節後繊維を遮断し、支配領域である頭頸部、顔面、上肢、上胸部に効果をもたらし、同部位の疼痛性疾患および末梢循環障害などに効果があります。

 

これによりストレスによる交感神経の過緊張を取り去り、血行改善、消炎鎮痛、リラクゼーション効果、抑うつ改善効果を得ます。このように自律神経を安定させるSGBは、ストレス社会に悩む現代人に適応の多い治療法といえます。

 

また、免疫系のアンバランスを調整する作用を示すデータも蓄積されてきています。故田中角栄首相が顔面神経麻痺に罹ったとき、このブロックで治療して治癒したことは有名です。

 

      ↓「星状神経節ブロック療法」について外来でお配りしている資料です。↓

 

          ★  星状神経節ブロック療法  ★

 

「星状神経節ブロック療法」とは、くびにある交感神経を局所麻酔薬により一時的にゆるめ、ヒトが本来持っている自然治癒力を高める治療法です。上半身の支配領域だけではなく、脳の血流を良くし脳にある視床下部の機能を正常化し、自律神経・ホルモン分泌・免疫力(抵抗力)のバランスを整え、さまざまな病気や症状を治療します。(視床下部は恒常性を維持する調節機能を持ってます。)

 

   治療前の注意として、抗凝固薬を内服している方は、針穴からの出血が止まらないなどの副作用が起きやすいので、必ずお知らせください。ステロイド剤を内服している方も必ずお知らせください。その他の治療薬も治療に少なからず影響しますのでお知らせください。

   治療を受ける準備として、ネックレスをはずし、ネクタイを緩め、前開きボタンは2、3個はずしてください。なるべく首周りを広く開けてください。

   治療をするときは、両手は体の脇に置いてください(気をつけの姿勢)。首を後ろにそらし、顎を天井に向けます。口をポカンと半分開け、力を抜いてください。安全のためにくびを強く押して注射をします。注射をしている最中に、唾を飲んだり声を出したりすると危険ですので、動かずじっとしていてください。注射はおよそ10秒程度で終わります。

   治療終了後は、血が止まるまで細い棒で押さえていただきます。およそ5分から10分間程度の間おさえます。完全に血が止まるまでしっかり押してください。

   止血終了後は、合図をするまでゆっくりお休みください。約2030分間です。ぐっすり寝ていてかまいません。

   治療後の反応として、治療した側に次のような症状が現れます。

   顔から手にかけて暖かくなる。  ○ まぶたが重く垂れる。

   目が充血する。         ○ 鼻がつまる。

   治療効果が出るための施術回数には個人差・疾患の差があります。効果が出るのに数回目の場合もあれば数十回程度かかる場合もあります。一般的にはおよそ30回の施術が効果確認に必要と考えられています。もちろん、治療効果を高め持続させるために、30回をすぎても安心して継続できる治療法です。

   保険診療として医学的に鑑み一般的に月5回程度までの施術を行うことが適切妥当と考えております。

   時々、次のような症状が現れることがありますが、1~3時間で元に戻りますので心配はいりません。

   声がかすれる、声が出ない、のどが詰まる感じがする→正常に戻るまで飲食、うがいはダメです。

   手がしびれる、手に力が入らない。→正常に戻るまで手をついたり、物を持ったりしないでください。

   顔、くびの感覚がない。→感覚が戻るまでお待ちください。

   ふらつく。→正常に歩けるようになるまでしばらく休んでお帰り下さい。

   稀に、治療後の反応が続く場合がありますが、これも2~3日から3,4か月で元に戻ります。心配しないでください。

   極めて稀に、重篤な合併症として①針穴から感染する②出血が続き塊を作って気管を圧迫する③脊髄に局所麻酔薬が流れて呼吸が止まる④神経を損傷する、という報告があります。当クリニックでは、多くの星状神経節ブロック療法を行っていますが、一度も経験しておりません。ただし、可能性があるということはご了承ください。

   注射後、次第にのどや首の痛み、胸の痛みが強くなる、息苦しさが出てくる場合には当院へ連絡ください。また当院から遠い場所におられたり、やむをえず連絡が取れない場合は必ず最寄りの病院等の医療機関に連絡・受診して下さい。

〈治療後の注意〉治療後最低3時間は、「激しい運動」「入浴」「飲酒」「喫煙」はお控えください。

                              

 

 

参考)星状神経節ブロック療法の適応

 

(「ペインクリニック診断・治療ガイド」第2版より抜粋)

全身

風邪とその予防、自律神経失調症、本能性高・低血圧症、甲状腺機能低亢進・低下症、拒食症、過食症、起立性調節障害、乗り物酔い、立ちくらみ、パニック障害、不眠症、過眠症、脳卒中後痛、脳卒中後片麻痺、関節リウマチ、術後合併症、多発性硬化症、ベーチェット病、シェーグレン症候群、重症筋無力症、痛風、伝染性単核球症、慢性疲労症候群、

反射性交感神経性萎縮症、カウザルギー、幻肢痛、断端痛、癌、糖尿病、冷え性、肥満症、低体温症、再生不良性貧血、

皮膚科

全身多汗症、掌蹠多汗症、乏汗症、ざ瘡、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、全身性白癬症、足白癬、爪白癬、皮膚掻痒症、脂漏性皮膚炎、掌蹠膿胞症、帯状疱疹、単純疱疹、天疱疹、ケロイド、脱毛症、凍傷、爪甲剥離症、爪甲軟化症、
爪甲縦裂症、爪囲炎、腋臭症、進行性指掌角化症、あかぎれ

頭部

片頭痛、緊張型頭痛、頚性頭痛、群発頭痛、側頭動 脈炎、脳血管攣縮、脳血栓、脳梗塞

眼科

網膜血管閉塞症、網膜色素変性症、中心性網膜症、ぶどう膜炎、類嚢胞黄班浮腫、角膜ヘルペス、角膜潰瘍、緑内障、アレルギー性結膜炎、瞳孔緊張症、飛蚊症、眼精疲労、ドライアイ、VDT症候群、屈折異常

耳鼻科

アレルギー性鼻炎、血管運動性鼻炎、鼻茸症、慢性副鼻腔炎、急性副鼻腔炎、術後性上顎嚢胞、突発性難聴、浸出性中耳炎、メニエール病、良性発作性頭位眩暈、鼻閉、扁桃炎、耳鳴、咽喉頭異常感症、嗅覚障害、いびき、睡眠時無呼吸症候群

口腔

抜糸後痛、舌痛症、口内炎、舌炎、歯肉炎、口唇炎、歯ぎしり、口内乾燥症

頚肩上肢

上肢血行障害(レイノー病、レイノー症候群、急性動脈閉塞症、バージャー病)、肩手症候群、頚肩腕症候群、椎間板ヘルニア、外傷 性頚部症候群、胸郭出口症候群、肩関節周囲炎、乳房切断後症候群、テニス肘、腱鞘炎、頚椎炎、ガングリオン、腕神経ニューロパチー(外傷性、術後)、関節炎、肩こり、ヘベルデン結節痛

循環器

心筋梗塞、狭心症、洞性頻脈、神経循環無力症

呼吸器

慢性気管支炎、肺栓塞、肺水腫、肺気腫、過換気症候群、気管支喘息、自然気胸

消化器

過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、胃炎、肝炎、クローン病、消化性潰瘍、逆流性食道炎、胆道ジスキネジー、便秘、下痢、腹部緊満症、ダンピング症候群、痔核、裂肛

産婦人科

月経異常、月経前緊張症、月経困難症、子宮内膜症、更年期障害、子宮摘出後自律神経失調症、尿失禁、膀胱炎、女性不妊、妊娠悪阻、膣痙

泌尿器科

神経性頻尿、インポテンス、尿失禁、夜尿症、腎盂腎炎、ネフローゼ症候群、IgA腎症、嚢胞腎、遊走腎、前立腺肥大症、前立腺症、男性不妊

腰下肢

腰下肢痛、膝関節痛、肢端紅痛症、肢端紫藍症、鶏眼、下肢静脈瘤、こむら返り、バージャー病、閉塞性動脈硬化症

 

 

 

当院にて行っている星状神経節ブロックの動画です 

当院では、これまでおよそ4万回以上の星状神経節ブロックを施行しております。